2016/12/16 小次郎講師メールマガジン 今日のワンポイント解説

皆さんこんにちは小次郎講師です。

 

「ドル高継続」

 

安倍晋三首相は15日、ロシアのプーチン大統領と山口県長門市の温泉旅館で会談をしました。プーチン大統領が遅れて到着した影響で2時間ほどずれ込んで始まったようです。両首脳は、北方領土での共同経済活動の実現に向けた具体的な交渉に入ることで合意し、16日に共同で記者会見して発表するそうです。元島民らは査証(ビザ)なしで北方領土に渡航できる「自由訪問」が拡充する見通しとなったようです。領土問題の解決に一歩でも近づいていって欲しいですね。

 

◆今日のワンポイント解説

米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを決め、来年以降の利上げペースを加速させる可能性を示唆したこと受けたドル買い、円売りの流れが継続し、1ドル118円台となりました。また、米長期金利の高止まりなどもドル買い円売りの流れに拍車をかけていました。

日経平均株価 19405.61円+131.82円(+0.68%)(前引け)円安を好感し輸出関連や素材関連などが堅調だったようです。

 

◆今夜の注目経済発表

16:45 (仏) 12月企業景況感 ★★ 19:00 (ユーロ圏) 10月貿易収支 ★★

19:00 (ユーロ圏) 11月消費者物価指数(HICP)・確報 ★★ 22:30 (米) 11月住宅着工件数 ★★★★

22:30 (米) 11月建設許可件数 ★★★★ 22:30 (加) 10月国際証券取引高 ★★

「★は5つが最重要」

 

◆本日の原油・金

WTI原油 51.15ドル+0.25ドル、米利上げによるドル高に伴う割高感から続落となりました。アジア市場では切り返しています。

NY金 1132.2ドル+2.4ドル、米利上げにより金利を生まない金を売る流れが継続し10か月半ぶりの安値をつけました。アジア市場では値を戻しています。

 

◆本日のチャート(チャートは移動平均線大循環分析)

ドル円1時間足         2016年11月30日から 12月16日11:35時点

016b

米連邦準備制度理事会(FRB)による金利引き上げの流れが継続しドル買い円売りが加速しています。現在はステージ1で上昇期を維持しています。帯に傾きが出て間隔が広がっている状態です。トレンドの勢いは継続していますね。ここからは短期移動平均線の動きに注目です。

 

■移動平均線大循環分析ステージの図

13a

■帯

 

移動平均線大循環分析において中期移動平均線と長期移動平均線の間を塗ったものを帯と言います。

帯は大局トレンドの状態を示します。

 

帯が傾きを持ち、間隔が広がっている状態が、トレンドが勢いを持っている状態です。

間隔が狭まってくるとトレンドが勢いを失ったことがわかります。

またもみあい相場では帯は横這いとなり、細くなります。

 

小次郎講師

 

(PR)

 

■岡三オンライン証券のチャートシステムに小次郎講師の「移動平均線大循環分析」及び「大循環MACD」が搭載されました。くりっく365及びくりっく株365に興味のある方はご利用ください。

くりっく365(取引所FX)

http://www.tcs-asp.net/alink?AC=C90295&LC=OKAS5&SQ=0&isq=1 

くりっく株365(日経225等)

http://www.tcs-asp.net/alink?AC=C90295&LC=OKAS9&SQ=0&isq=100

 

■小次郎講師の大人気講座、受講生募集中東京・大阪で開講(体系的10回コース)

・小次郎講師流新タートルズトレード講座

・小次郎講師流新チャート分析手法講座

詳細はこちらから

http://kojirokousi.com/kojirotoushijyuku/

 

【是非、ご閲覧下さい】————————————————–
・毎日配信!小次郎講師直筆の無料のメールマガジン 登録はこちら
https://f.msgs.jp/webapp/form/15748_shx_64/index.do

・小次郎講師のセミナーがDVDになりました!

http://money01.h8w.co.jp/lp/06/
・小次郎講師の無料動画
https://www.youtube.com/user/MastersTV100

————————————————————————-

======================================
株式会社 エッジ
Masters運営事務局

mail:info@masters-tv.net
tel:0120-714-888
======================================

【ご注意ください】

当 社の提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。
信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。

また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】

当 社で提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対 象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。

投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社 エッジ)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了 承下さい。

また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社 エッジ)の許可なく転載・掲載することを禁じます。

 

Share This Post